花 10年間苦しんできた生理痛が10日であっさり痛みがでなくなった魔法の方法

漢方で冷え性解消

漢方で冷え性を解消するということは、誰もが思いつくことかもしれません。
漢方薬は、古くから、冷えが原因で引き起こされる病気をなおすために
処方されてきました。そういった長い経験からも、多くの漢方薬が身体を
温めるはたらきを持っています。
日常の養生では改善できないほど、冷え性が進行してしまった場合は、
放置していると婦人科トラブルに発展し、悪化することがあります。
西洋医学では、冷えは病気とみなされませんが、漢方では、重要な
症状として捉えられていますので、それぞれの冷えのタイプによって、
漢方薬が処方されているのです。

当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

冷え取り漢方の代表的な処方といえば、当帰芍薬散でしょう。血の
めぐりの悪い人やむくみがちで体内に水分がたまりやすい人の冷えに
いいといわれている漢方薬です。水分代謝の改善にいいということで、
「水毒」の予防に使われます。血行を改善してからだを温めるだけで
なく、ホルモンや自律神経のバランスを整える働きも期待できます。
また、生理痛や生理不順などの改善にも役立つとされています。

逍遥散(しょうようさん)

精神的なストレスで冷えが悪化するタイプの人に処方されます。
気分をリフレッシュさせながら、調子を整えるはたらきがあって、
PMSや更年期にありがちなイライラ感にも効果的といわれています。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

疲れやすくて冷える、生理になると疲労感がひどい、過労ぎみ、体力が
ないなどの冷えタイプには、十全大補湯がいいといわれています。
血流をスムーズにして、からだを温め、手足の冷え貧血、婦人科の
不調などをやわらげたり、疲労感をやわらげます。

温経湯(うんけいとう)

温経湯は、冷えが進行して、手足がほてる場合の
冷え性に効果的です。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

牛車腎気丸は、冷えてトイレが近い人に効果的。夜中に何度も
起きてトイレにいくとか、キレが悪いなどといった尿トラブルが
ある場合に処方される漢方薬です。手足が冷えやすい人の腰痛や
むくみ、しびれなどもやわらげます。
山田式骨盤ダイエット法*スペシャル特典付き!